So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
途中下車の旅 ブログトップ

途中下車の旅(魚津埋没林・雪の科学館 '18-04-22) [途中下車の旅]

20180422_061611.JPG4月22日(日)、今回の東京からの帰路は北陸周りとした。初!北陸新幹線。



大宮を過ぎると田園風景に変わった。軽井沢駅付近では右手に浅間山が大きく見え、佐久平駅を過ぎると左手に八ヶ岳が遠望できる。
20180422_073739.JPG 20180422_074624a.JPG

長野駅手前の犀川鉄橋付近からは鹿島槍ヶ岳と五龍岳が、上越妙高駅付近からも残雪の山並みが見える。
20180422_080304a.JPG 20180422_082722.JPG

黒部宇奈月温泉駅で途中下車。富山地方鉄道に乗り換えて新魚津駅で下車し、魚津埋没林博物館へ。
河川氾濫と海面上昇が複合して埋没した、約2000年前の原生林跡。魚津港工事で掘り下げられた砂浜で発見された。発掘現場の一部がそのまま保存されている。
20180422_094509.JPG 20180422_105315.JPG
20180422_103027.JPG 20180422_104325.JPG

屋上からは北アルプスの山々が眺められる。この日は霞がひどく、強めに画質を調整。
20180422_102419a.JPG

20180422_111431.JPG海岸では蜃気楼狙いの人が多数。クラスEの蜃気楼が発生とアナウンスがあったが、霞がひどい上、Eレベルでは十分な予備知識が必要とのことで、初めて見る人には良く分からなかった。



再び黒部宇奈月温泉駅まで戻り、金沢駅からは北陸本線に乗り加賀温泉駅で2度目の途中下車。
タクシーで中谷宇吉郎 雪の科学館へ。「雪は天から送られた手紙である」で有名な中谷宇吉郎博士の研究成果などが展示されている。
20180422_143411.JPG 20180422_143722.JPG
20180422_145135.JPG 20180422_144958.JPG

20180422_145506.JPG「雲三昧」など雲の写真集を多く出版されている気象予報士 村井昭夫氏製作の「Murai式人工雪生成装置」。



こじんまりした科学館だが立地場所がいい。併設の喫茶「冬の華」からは柴山潟と白山などの山を眺められる。
20180422_153845.JPG 20180422_154206.JPG

加賀温泉駅に戻り、サンダーバードで新大阪駅、さらに山陽新幹線で帰福。加賀温泉から新大阪までの在来線は、旅の終盤でもあり結構長く感じた。

nice!(6)  コメント(0) 

途中下車の旅(安倍峠 '17-10-01)  [途中下車の旅]

10月1日(日)、途中下車の旅は静岡第2弾。

今回の目的地は安倍峠。梅ヶ島と身延を結ぶ林道(豊岡梅ヶ島線)が開通したのち(といっても開通は昭和60年頃のことだが)、安倍峠付近がどうなっているのかずっと行ってみたいと思っていた。
前回、静岡側から安倍奥に入ったのは1990年、山伏~八紘嶺を歩き、その時は安倍峠には寄っていない。

静岡駅からレンタカーで梅ヶ島へ。梅ヶ島温泉からは林道を進む。安倍峠まで8kmとの標識があり、そんなに距離があっただろうかと思った。歩いて1時間位の距離だったような記憶があるが。
安倍峠近くに駐車場があり、5分ほど身延側に林道を歩くと、安倍峠に下る標識があった。現在、安倍峠から先は車は通行止めになっていた。
20171001_133908.JPG 20171001_123210.JPG

安倍峠(1488m)。駿河と甲斐の国境。
20171001_132538.JPG 20171001_132304.JPG

年月を感じる道標。
20171001_132332.JPG

旧登山道はいまも残っており、梅ヶ島に向かってしばらく歩いてみたが、約40年前にテント泊した沢沿いの草地の場所はよくわからなかった。あるいはもっと先だったのかもしれない。
上に林道が走っていることを忘れれば静寂そのもの。風の音と、ときどきカケスの鳴き声が聞こえた。
20171001_125438.JPG 20171001_125652.JPG
20171001_125817.JPG 20171001_130904.JPG

安倍峠から東側に少し登って稜線に出ると、富士山と、山頂はガスに隠れているが八紘嶺が見えた。
20171001_123923.JPG 20171001_124513.JPG

梅ヶ島への道のりでは、桜峠入口、牛妻、平野、六郎木、孫佐島、新田などの地名が懐かしかった。いずれも登山に利用したバス停。桜峠入口付近を新東名が横切っていた。

nice!(6)  コメント(2) 

途中下車の旅(霧ヶ峰 '17-08-06) [途中下車の旅]

20170806_064305.JPG今回の幕張からの帰路は中央本線経由とした。

8月6日(日)、新宿駅7時発のスーパーあずさ1号で茅野駅で途中下車。レンタカーで霧ヶ峰へ。



5年振りの霧ヶ峰(前回はこちら)。霧の駅駐車場に車を止め、車山肩~車山山頂~蝶々深山~物見岩~八島ヶ原湿原~沢渡~霧の駅と歩く。
天気はまずまずだったが雲が低く、八ヶ岳や南アルプスの稜線は見えず。
ニッコウキスゲが終わり、ヤナギランやマツムシソウ、コオニユリなどが目立った。キバナノヤマオダマキが見れて満足。
20170806_204305.JPG 20170806_204812.JPG
20170806_204319.JPG 20170806_204344.JPG
20170806_204220.JPG 20170806_204245.JPG
20170806_204353.JPG 20170806_204415.JPG

八島ヶ原湿原の鹿防止フェンス。5年前にはなかった思う。
20170806_211524.JPG

7日(月)は茅野駅から塩尻駅。左の写真で、左が中央東線(新宿方面)、右が中央西線(名古屋方面)。
塩尻駅からはしなの2号で名古屋駅へ。木曽谷(中央西線)を通ったのは初めて。
20170807_070022.JPG 20170807_071233.JPG

台風5号の大雨からは何とか逃れ、昼前に福山帰着。

nice!(4)  コメント(0) 

途中下車の旅(彦根 '17-05-01) [途中下車の旅]

20170501_141747.JPG新幹線で米原付近を通過するとき、いつも気になっていた佐和山城跡という看板。

佐和山城は中世中期に築城された。天正年間に石田三成が入城し、当時荒廃していた城を大改修。
山頂に五層(三層説あり)の天守を築き、当時の落首に「三成に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」と言わしめた、とのこと。(wikipediaより引用)



20170501_100246.JPGさて、幕張から帰りの5月1日(月)、佐和山城跡に寄るため、新幹線を米原駅で途中下車し、在来線で彦根駅へ。彦根駅改札前にはこの案内板。彦根も井伊家繋がりで賑わっている様子。



龍潭寺の山門をくぐり山道に入る。
20170501_103851.JPG 20170501_103941.JPG

急な坂道を15分ほど登ると、切通しに出る。
20170501_105119.JPG 20170501_113303.JPG

ここからは尾根道を進み、西の丸跡などを通り、20分ほどで本丸跡に至る。
20170501_111534.JPG 20170501_111554.JPG

本丸跡からは彦根市街や彦根城、この日は霞んでいたが晴れていれば琵琶湖、通過する新幹線、某社のエレベータ試験棟などが見渡せる。
20170501_111753.JPG 20170501_111417.JPG

この後、彦根城に向かい、天守(現存天守、国宝)から佐和山を眺めた。
20170501_120158.JPG 20170501_121849.JPG
20170501_124207.JPG 20170501_123524.JPG
20170501_130402.JPG 20170501_130855.JPG

途中下車の旅(浜松 '17-04-11) [途中下車の旅]

前日の続きを少し。
浜松駅前のアクトタワーからの展望。駅周辺には高層の建物がずいぶん増えた印象。
20170411_085734.JPG 20170410_173912.JPG

北側180°のパノラマ。
20170410_174017.JPG

さて、4月11日(火)は雨の中、浜松をぶらぶら。浜松城、軽便鉄道跡、鹿谷付近。
20170411_091506.JPG 20170411_092752.JPG
20170411_093407.JPG 20170411_093139.JPG

舘山寺街道は新しく広い道路に変わっていた。右の写真で、手前から奥に続くのが旧舘山寺街道。左右の道路が新舘山寺街道。
20170411_094331.JPG 20170411_094544.JPG

犀ヶ崖古戦場跡には資料館が出来ていた。
20170411_101354.JPG 20170411_094948.JPG

工学部は建物がずいぶん増えていたが、電気工学科の建物はそのままだった。
20170411_102953.JPG 20170411_102502.JPG
20170411_102856.JPG

喫茶店TIMEはClose。女子短大は浜松学院大学に変わっていた。
20170411_101944.JPG 20170411_104344.JPG

と、この頃から風雨が強まり出し、さらに布橋、広沢と歩いたが、体が冷えてきたので、中断して浜松駅に戻った。また来なさい、ということかも。

静岡には2年、浜松には4年住んだ。

途中下車の旅(静岡 '17-04-10) [途中下車の旅]

この4月から放送大学大学院の学生となったため、これから2年間、幕張へ行き来する機会が増えます。
福山~東京はいつも単純に往復するだけでしたが、気になっている場所で途中下車してみることにしました。

4月10日(月)、まずは学生時代を過ごした静岡。駅前は様変わりしていた。
いまから四十数年前のこの時期、入学式の行われた駿府公園へ。堀に架かる小橋を渡って公園に入ったが、こんな建物あったかな?
20170410_110048.JPG 20170410_084356.JPG

と思ったが、様々な復元工事が行われているようで、この東御門も復元されたもの。天守台や本丸堀(内堀)も発掘調査中。上の写真が内堀かと思ったが、二ノ丸堀(中堀)とのこと。
なお、駿府公園はいまは駿府城公園と呼ばれており、入学式会場となった駿府会館の建物は既になかった。
20170410_084941.JPG 20170410_084635.JPG
20170410_085832.JPG 20170410_092000.JPG

昔アルバイトをしたNHK静岡の前を通ると、おや!。
20170410_092356.JPG 20170410_093804.JPG

NHK広島で気象キャスターをやられていた伊藤麻衣さんは、4月から静岡勤務のようだ。
20170410_093835.JPG

浅間神社、県庁、市役所、呉服町などを歩いて、バスで大学へ。
20170410_095054.JPG 20170410_104126.JPG
20170410_104243.JPG 20170410_104939.JPG

大学は昔は立て看とアジ、いまはサークル勧誘で賑わっていた。
学生アパート。かつてはみな〇〇荘だったけど、しゃれた名前に変わっている。〇〇は同じだけど(笑)
20170410_121732.JPG 20170410_122845.JPG
20170410_123856.JPG 20170410_123910.JPG

この日は浜松泊。駅に降りたら、北口を直虎口とも呼ぶのかと一瞬思ってしまった。
20170410_180006.JPG

途中下車の旅 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。