So-net無料ブログ作成
旅・散策 ブログトップ

雲仙・島原・長崎 '19-04-26~28 [旅・散策]

4月26日(金)、放送大学の面接授業で長崎学習センターに向かう道中、諫早で途中下車。レンタカーで雲仙、島原を回る。
雲仙西登山口から登山道路を進むが、標高が上がるにつれ、残念ながら霧で視界は全くきかず、仁田峠への道路は通行止めになっていた。早々に島原に下ったが、島原側は青空が広がっていた。
雲仙普賢岳の火砕流や土石流災害は、平成が始まって間もなくの28年前のこと。雲仙岳災害記念館(がまだすドーム)などを見学。
20190426_131803.JPG 20190426_135538.JPG
 (左)がまだすドーム、この場所はもともと海だったが、土石流などの土砂で埋め立てたそうだ
 (右)中央が雲仙普賢岳、右が山体崩壊による「島原大変肥後迷惑」で知られる眉山

20190426_143628.JPG 20190426_144947.JPG
 (左)旧大野木場小学校被災校舎、(右)水無川

鉄路で長崎に来たのは初めてだけど、終着駅であることを実感。
20190426_182001.JPG

4月27日(土)、早朝散歩で長崎港~長崎地方気象台付近を歩く。
20190427_064244.JPG 20190427_062458a.jpg

27-28日の2日間、面接授業「核物理の初歩と今日の核問題」を受講。講師は放送大学(物理)の松井哲男先生。内容的にも長崎で受講するのが相応しいかと。
20190427_090311.JPG 20190427_090620.JPG

1日目の講義終了後、ロープウェイで稲佐山展望台に登る。風が冷たかったが、360度の展望を楽しむことができた。
20190427_182637a.jpg
20190427_182949a.jpg
20190427_192316.JPG 20190427_193519.JPG

4月28日(日)の早朝散歩は出島付近。
20190428_061418.jpg

2日間の講義が終わり帰途についた。
行きの電車は黒かもめ(787系)、帰りは白かもめ(885系)だった。
20190426_094442.JPG 20190428_181000.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

天体望遠鏡博物館、中央構造線(道の駅三野)ほか '19-04-13~14 [旅・散策]

4月13日(土)、放送大学の天文学ゼミで知り合ったSさんが理事をされている天体望遠鏡博物館(香川県さぬき市)へ。
第1の目的は、開館3周年記念講演会の聴講。講演は佐藤勝彦さん(東京大学名誉教授)と山極壽一さん(京都大学総長)という超著名なお二人。予定時間を超過して大変興味深いお話を伺うことができた。
第2は、うん十年前に使っていた天体望遠鏡(ビクセン6cm屈折)を寄贈するため。
大学時代のサークル(地学研究会)の先輩が、定年後香川に戻って博物館の理事をしているという、思わぬ出会いもあった。
20190413_143357.JPG 20190413_140457.JPG
20190413_150035.jpg
20190413_144608.JPG 20190413_144523.JPG
20190413_151817_2.JPG 20190413_190654a.jpg

4月14日(日)、中央構造線の露出地点があるとのことで、吉野川に沿って上流に向かい、道の駅三野(三好市三野町太刀野)に寄ってみたが、現場は荒れていて、以前はあったらしい説明パネルもなく、破砕帯はよくわからなかった。三好市公式観光サイトの情報はちょっと古いようだ。
20190414_092759.JPG 20190414_092812.JPG
20190414_093850a1.jpg

吉野川は阿波池田駅付近を境として、下流と上流とでは様相が一変する。
源流は愛媛・高知県境の瓶ヶ森にあり、高知県内を東に流れたのち北に流れを変え、V字谷を刻みながら四国山地を縦断して、徳島県の阿波池田付近に至る。

ということで、大歩危峡にもちょっと寄り道。雨が本降りになってきたので、早めに切り上げて帰途についた。
20190414_110153.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

久井岩海、芦田川源流の水芭蕉 '19-04-11 [旅・散策]

久井の岩海(三原市久井町吉田)。花崗閃緑岩が風化し、表面の土砂が水によって洗い流され、岩が地表に現れることで、久井の岩海ができたと考えられている。上段右の写真付近では、岩の底を流れる水音が聞こえる。国天然記念物で、日本地質百選に選定されている。
20190411_110604.JPG 20190411_113155.JPG
20190411_110702.JPG 20190411_110518.JPG

芦田川源流(三原市大和町蔵宗)では水芭蕉が見頃だった。
八田原ダムは、雨の少ない季節のためか、水位は低かった。
20190411_124026.JPG 20190411_124402.JPG
20190411_124717.JPG 20190411_140828.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

京都、地球研 '19-01-21 [旅・散策]

気象予報士会関西支部の施設見学会に参加し、京都の総合地球環境学研究所(地球研)を訪問。安成哲三所長の講演聴講と研究所見学。文理融合を謳っていて、いかにも京都らしい(個人の印象)研究所だった。
20190121_141215.JPG 20190121_143315.JPG

その前に、平安神宮~哲学の道~銀閣寺を散策。短い時間だったが、京都の雰囲気を楽しんだ。
20190121_112206.JPG 20190121_120357.JPG
20190121_123035.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

坂本直行記念館 '18-06-04~05 [旅・散策]

六花の森@北海道中札内。エゾハルゼミが盛んに鳴いていました。

星野道夫さんの著書「旅をする木」に、「坂本直行さんのこと」というお気に入りのエッセイがあります。
開拓農家を経て山岳画家となった坂本直行さんの著書の愛読者だった星野さん。
北方の自然にあこがれ、ついにアラスカで暮らすことになりますが、坂本さんの影響も大きかったそうです。

札幌で初めて写真展を開催するときに、生前会ったこともない坂本直行さんに関する一文を地元の新聞に寄せたのですが、その記事を読んだ坂本さんの山仲間が何人も会場に来てくれ、運命的な出会いをします。そのエピソードがとても素敵なのです。

後に星野さんも訪れた坂本直行記念館に、やっと来ることができました。
ちなみに六花亭の包装紙は、坂本直行さんの絵をデザインしたものです。

20年位前、仕事で頻繁に札幌に出張していたのですが、新札幌駅かどこかの書店で購入して面白く読んだ「開拓一家と動物たち」の著者坂本崇さんが、直行さんのご子息だと気付いたのは、だいぶ経ってからだったように思います。
20180604_140602.JPG 20180604_141919.JPG
20180604_142453.JPG 20180604_144723.JPG
20180604_145548.JPG 20180604_151749.JPG

坂本直行記念館が1992年に開館し、2007年に六花の森に移転するまでは、中札内美術村にある現在の「北の大地美術館」が記念館だったそうです。柏の林に囲まれたこの場所の方が、自分の好みには合っている感じがしました。※星野さんが訪れたのは、正確にはこちらの場所だと思います。
20180605_123624.JPG 20180605_124052.JPG

朝靄の十勝平野と、遠く右奥に日高の山々。6月5日早朝、十勝が丘展望台から。
20180605_053710.JPG

nice!(8)  コメント(0) 

札幌 '14-08-14~15 [旅・散策]

8月14-15日は所用で札幌。その帰り、北大に寄ってきた。仕事では何度か行ったことがあるけど、ぶらぶらするのは初めて。とてもキャンパスとは思えない環境が素晴らしい。札幌はもう秋のような空気に包まれていた。
20140815_130205.JPG 20140815_130456_2.jpg
20140815_134240.JPG 20140815_140000.JPG

高校の修学旅行でクラーク博士の銅像前で集合写真を撮ったのは43年も前のこと。
20140815_134626_1.jpg 197107.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

防府 '13-11-16~17 [旅・散策]

山口県防府市に所用で行ってきました。2日とも昼間は予定が入っていましたが、1日目夜は大平山ロープウェイが「フルムーンナイト特別運行」していたので、夜景を見にいってきました。2日目の早朝は、防府天満宮と周防国分寺を見てきました。
防府(三田尻)は、父の代までは縁のある土地だったので、どういう場所か一度行ってみたいと思っていました。
20131116_193004a.jpg 20131117_074250.JPG
20131117_074445.JPG 20131117_075640.JPG
20131117_082659.JPG 20131117_083914.JPG

南の島へ '13-10-13~15 [旅・散策]

娘が住む沖縄に家族が集合し、遅い夏を楽しみました。
行きは天候に恵まれ、機窓からの展望に釘づけになりました。

20131013_115413.JPG 20131013_115827.JPG
(左)瀬戸の島々と雲の上に四国山地   (右)呉港と音戸の瀬戸、倉橋島、江田島

20131013_120347.JPG 20131013_120735.JPG
(左)佐多岬半島   (右)国東半島と大分空港

20131013_121309.JPG 20131013_123321.JPG
(左)阿蘇山   (右)屋久島

20131013_130249.JPG 20131013_130731.JPG
(左)与論島   (右)古宇利島

夕暮れのビーチ、暗くなって金星が沈んでいきました。
20131013_171540.JPG 20131013_200004.JPG
20131014_210459.JPG 20131014_210544.JPG

2日目はやんばるの森ツアー。ネイチャーガイドの方にいろいろ説明してもらい、気づかないような生きものやその痕跡などを教えてもらいました。
20131014_101256s1.JPG 20131014_103437.JPG
20131014_100612.JPG 20131014_103533.JPG
20131014_092200.jpg 20131014_094735.JPG

最終日は台風26号の影響か、発着に遅れがでるなど那覇空港は混雑していましたが、台風を取り巻く雲の西側の縁を通って無事帰ってきました。
20131015_130947.JPG 20131015_143439.JPG

15日14時の気象衛星可視画像です(気象庁HPより引用)。
vis201310151400-00.png

北の国へ '13-08-14~16 [旅・散策]

20130814_113505.jpg所用で北海道へ。

行きの広島~札幌便では、富山湾上空から北アルプスが見え、中央に黒部川河口の扇状地が確認できました。そして、遥か遠くには雲の中に台形のような山が。。。



20130814_113537.jpg望遠にしてみると、これ、富士山ですよね!
手前右の残雪のある山塊は立山あたりだと思います。



用事が済んで富良野に1泊。天気は不安定、気温は高めでした。
20130816_104600.jpg 20130816_105333.jpg

ドラマ「北の国から」のロケ地巡り。一目見てシーンが浮かぶ方は通ですね(笑)
20130816_122208.JPG 20130816_102748.JPG
20130816_053856.JPG 20130816_094724.jpg
20130816_111552.JPG 20130816_102307.JPG
20130816_114911.JPG 20130815_191709.jpg

左はドラマ「優しい時間」に出てきた喫茶店「森の時計」。右は「風のガーデン」の舞台。
20130815_191207.jpg 20130815_180544.JPG
旅・散策 ブログトップ