So-net無料ブログ作成

天体望遠鏡博物館、中央構造線(道の駅三野)ほか '19-04-13~14 [旅・散策]

4月13日(土)、放送大学の天文学ゼミで知り合ったSさんが理事をされている天体望遠鏡博物館(香川県さぬき市)へ。
第1の目的は、開館3周年記念講演会の聴講。講演は佐藤勝彦さん(東京大学名誉教授)と山極壽一さん(京都大学総長)という超著名なお二人。予定時間を超過して大変興味深いお話を伺うことができた。
第2は、うん十年前に使っていた天体望遠鏡(ビクセン6cm屈折)を寄贈するため。
大学時代のサークル(地学研究会)の先輩が、定年後香川に戻って博物館の理事をしているという、思わぬ出会いもあった。
20190413_143357.JPG 20190413_140457.JPG
20190413_150035.jpg
20190413_144608.JPG 20190413_144523.JPG
20190413_151817_2.JPG 20190413_190654a.jpg

4月14日(日)、中央構造線の露出地点があるとのことで、吉野川に沿って上流に向かい、道の駅三野(三好市三野町太刀野)に寄ってみたが、現場は荒れていて、以前はあったらしい説明パネルもなく、破砕帯はよくわからなかった。三好市公式観光サイトの情報はちょっと古いようだ。
20190414_092759.JPG 20190414_092812.JPG
20190414_093850a1.jpg

吉野川は阿波池田駅付近を境として、下流と上流とでは様相が一変する。
源流は愛媛・高知県境の瓶ヶ森にあり、高知県内を東に流れたのち北に流れを変え、V字谷を刻みながら四国山地を縦断して、徳島県の阿波池田付近に至る。

ということで、大歩危峡にもちょっと寄り道。雨が本降りになってきたので、早めに切り上げて帰途についた。
20190414_110153.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

久井岩海、芦田川源流の水芭蕉 '19-04-11 [旅・散策]

久井の岩海(三原市久井町吉田)。花崗閃緑岩が風化し、表面の土砂が水によって洗い流され、岩が地表に現れることで、久井の岩海ができたと考えられている。上段右の写真付近では、岩の底を流れる水音が聞こえる。国天然記念物で、日本地質百選に選定されている。
20190411_110604.JPG 20190411_113155.JPG
20190411_110702.JPG 20190411_110518.JPG

芦田川源流(三原市大和町蔵宗)では水芭蕉が見頃だった。
八田原ダムは、雨の少ない季節のためか、水位は低かった。
20190411_124026.JPG 20190411_124402.JPG
20190411_124717.JPG 20190411_140828.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

3月の空 '19-04-01 [空]

sora201903.JPG3月の福山の空はこんな色でした。
http://www.hiyorimijin.com/

福山の3月の天候は、平均気温9.1℃ (平年差 +1.1℃)、降水量91.0mm (平年比108%)、日照時間173.2h (同103%) 。気温は高く、降水量が多い月でした。日照時間は平年並み。
nice!(0)  コメント(0)