So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

9月の空 '15-09-30 [空]

sora201509.JPG9月の福山の空は、こんな色でした。
http://www.hiyorimijin.com/index.html

中秋の名月、スーパームーン '15-09-28 [日記]

9月27日、孫のお宮参りのため名古屋に行って帰ってきたら、中秋の名月は既に東の空に昇っていました。高積雲が広がっていましたが、ときおり雲間から姿を現しました。
20150927_183056.JPG 20150927_201141.jpg

28日は今年最大の満月。昼間は良く晴れていたけど、夕方から急に雲が広がり、21時過ぎまで待たされました。満月は11時51分だったので、既に右側が欠け始めています。
20150928_210801.jpg 20150928_213345.jpg

スーパームーンという呼び方は天文雑誌等でも普通に使われていますが、いつ頃からだろう。ブルームーンもそうだな。

秋分 '15-09-23 [日記]

彼岸の中日のこの日、父の百か日法要が無事終了。
気になっていた事務手続きも先日片付き、やれやれ、です。

  ◇

9月19日、朝の風は冷たいくらいで、今季の最低気温を更新(13.9℃)。
西から東に伸びる筋状の雲は、ひまわり8号の画像でも中国地方上に確認できました。
20150919_072620.jpg
ir20150919070000-01.jpg
(9/19 07:00の赤外画像から一部を切り出し、気象庁HPより)

9月20日、堂々川(芦田川支流の高屋川のさらに支流)流域の砂留(すなどめ、江戸時代に建設された砂防ダム)を見に行ってきました。1番から6番まであります。周辺では彼岸花が見頃でした。
20150920_103226.JPG 20150920_104223.JPG
20150920_113817.JPG 20150920_110600.JPG

9月21日、上弦の月がきれいでした。FUJIFILM FinePix S1にて撮影。
20150921_212610.jpg

9月22日、芦田川の屈曲部に突き出ている石槌山へ自転車で。
神辺平野が一望できますが福山平野は芦田川河口方面の少しだけ。屈曲部と神辺平野、福山平野を一度に見渡せる眺めのいい場所はないものか。
20150922_103632.jpg
20150922_091311a.JPG 20150922_102725.JPG


芦田川源流 '15-09-13 [日記]

北関東~東北地方を襲った豪雨で、鬼怒川堤防決壊による洪水被害の甚大さを目の当たりにして、自分の住む芦田川流域のことを十分わかっていないことを反省しつつ、昨日(12日)源流まで行ってきました。

ashida-river.jpg芦田川の源流は三原市大和町蔵宗にあり、世羅高原、神辺平野、福山平野を経て瀬戸内海に注ぐ全長86km、流域面積860km2の一級河川です。

右図は国土交通省中国地方整備局福山河川国道事務所のHPから引用。
http://www.cgr.mlit.go.jp/fukuyama/about/outline08.html



まず河佐峡に寄りました。すぐ上流側に1997年に竣工した八田原ダムがあります。基部からエレベーターでダム上端まで行くことができます。
20150912_100340.JPG 20150912_102702.JPG

ダムによってできた芦田湖。この日の貯水率は96.6%と表示されていました。
20150912_101624.JPG 20150912_101934.jpg

河佐峡。子供が小さい頃に水遊びに来たことがあります。福塩線は芦田湖ができたために河佐駅~備後三川駅間で線路が付け替えられました。これは旧線路跡。
20150912_104343.JPG 20150912_103936.JPG

世羅高原を西に走り、源流に到着。周辺も起伏の緩やかな場所のため、山奥の源流をイメージすると印象がちょっと異なります。
20150912_114840.JPG 20150912_115135.JPG

20150912_120113.JPG 20150912_115400.JPG

源流の少し下流にある神田大池。稲刈りも始まり、世羅高原は秋色に輝いていました。
20150912_122458.JPG 20150912_122758.JPG

最後に河口堰まで行って、源流から河口までの社会科見学終了。左岸の下流端の標識を探したのだけれど見つからず。右岸の下流端は以前みつけたのだけれど。
20150912_143441.JPG

  ◇

ryuiki.jpgさて、
気象庁の天気予報は、各都道府県をいくつかに分けた一次細分区域単位で発表されます。広島県の場合は南部と北部。

警報や注意報は、二次細分区域単位(市町村を原則)で発表されます。

また、市町村等をまとめた地域(福山・尾三、広島・呉、備北など)も、気象警報・注意報の発表状況を地域的に概観するために使用されます。

一方、広島県は芦田川流域、太田川流域、江の川流域などに分けられます。芦田川流域は三原市、世羅町、尾道市、府中市、神石高原町、福山市、井原市(岡山県)にまたがっています。

洪水災害に対しては、自分の住む場所がどの川の流域に属しているかを把握し、頭上に降る雨だけではなく、流域の上流市町村に発表される警報・注意報についても注意が必要です。

以前のブログにも書きましたが、中央分水嶺が県境の中国山地脊梁部から県内部に深く入り込んでいて、備北や芸北に降った雨の半部以上は日本海に流れているのは意外な感じがします。

気象警報・注意報や天気予報の発表区域:
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/saibun/index.html

月・金星・火星・木星 '15-09-12 [日記]

20150911_050101.JPG11日、月・金星・火星・木星が日の出前の東の空で見られました。

木星はさすがに無理だろうと思っていましたが、この日はよほど条件が良かったようで、撮影後にPC画面上では地平線すれすれに写っているのが確認できました。



20150911_050349.JPG月・金星・火星の拡大。



20150912_054102.jpg12日、さらに細い月を期待しましたが、雲で星は見えませんでしたが、真っ赤な朝焼けを楽しめました。

白露 '15-09-08 [日記]

hp_old.JPG二十四節気の白露。

処暑を過ぎてからというもの、最高気温はずっと平年を下回っており、8月28日からは30℃さえ超えていません。
明日は台風18号が本州上陸を狙っています。

9月4日で福山Uターンまる3年が過ぎました。
まあ、いろいろありましたが、今年に入ってからの印象が強すぎて、いろんなことが吹っ飛んでしまったようにも感じています。

その頃を振り返ることを積極的にやろうと思ったわけではないのですが、いま利用しているレンタルサーバーの容量が十分あるので、切れていたリンクを戻すなどして、旧ホームページのデータを復旧してみました。
http://www.hiyorimijin.com/index_201208.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。