So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

途中下車の旅(福井県年縞博物館 '18-10-21) [途中下車の旅]

気候と文明の関係について興味を持つようになったのは、10年以上前に「気候変動の文明史」(安田喜憲著)を読んだことがきっかけだったかもしれません。本の冒頭で年縞と水月湖について触れられています。

気候変動の文明史 NTT出版ライブラリーレゾナント006

気候変動の文明史 NTT出版ライブラリーレゾナント006

  • 作者: 安田 喜憲
  • 出版社/メーカー: NTT出版
  • 発売日: 2004/12/01
  • メディア: 単行本


9月に福井県年縞博物館がオープンしたというニュースを読んだので、幕張の帰り「途中下車の旅」で寄ってみることにしました。

10月21日(日)、東京からの新幹線で博物館のHPを見ていると、年縞調査の中心人物である中川毅先生(師匠は安田喜憲先生)のガイドツアーが11:30からあることがわかりました。
間に合うかどうか微妙だったのですが、米原で北陸本線に乗り換え、敦賀でレンタカーを借りて、何とか5分前に到着し、16番の整理券(定員20名)をゲットできたときは、心の中でやった!と叫びました。
20181021_125234.JPG

年縞博物館には、水月湖の7万年の年縞45mが原寸で水平に並べて展示してあり、圧巻です。
ガイドツアーでは、中川さんの年縞や気候変動に関する研究、博物館への情熱の強さがひしひしと伝わり、1時間では全く足らない感じでした。
20181021_114812.JPG 20181021_123950.JPG
20181021_124007.JPG7万年の年縞45mの先端

年縞の反対側の壁には、各年代の詳しい説明があります。予習用にと中川さんの著書2冊を持参していたので、サインをいただきました。
20181021_124031.JPG 20181021_130035.JPG

もっとゆっくりと展示を見たかったのですが、時間があまりなく、レインボーラインに上がって三方五湖を眺めて、敦賀に戻りました。
20181021_140542.jpg

福井県年縞博物館のHPは、
http://varve-museum.pref.fukui.lg.jp/

水月湖の年縞については、下記ハンドブックを参照してください。
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/shizen/nennkou/nennkoukaisetup_d/fil/handbookJp.pdf


なお、「気候変動の文明史」の何年か後に「気候文明史」を読むことになるのですが、著者である田家康さんの紹介に気象予報士(日本気象予報士会東京支部長)と書かれてあるのが、そのとき記憶に残りました。私が気象予報士試験に合格し、田家さんにお会いしたのは、さらに数年後のことです。

気候文明史

気候文明史

  • 作者: 田家 康
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2010/02/20
  • メディア: 単行本


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント