So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

途中下車の旅(魚津埋没林・雪の科学館 '18-04-22) [途中下車の旅]

20180422_061611.JPG4月22日(日)、今回の東京からの帰路は北陸周りとした。初!北陸新幹線。



大宮を過ぎると田園風景に変わった。軽井沢駅付近では右手に浅間山が大きく見え、佐久平駅を過ぎると左手に八ヶ岳が遠望できる。
20180422_073739.JPG 20180422_074624a.JPG

長野駅手前の犀川鉄橋付近からは鹿島槍ヶ岳と五龍岳が、上越妙高駅付近からも残雪の山並みが見える。
20180422_080304a.JPG 20180422_082722.JPG

黒部宇奈月温泉駅で途中下車。富山地方鉄道に乗り換えて新魚津駅で下車し、魚津埋没林博物館へ。
河川氾濫と海面上昇が複合して埋没した、約2000年前の原生林跡。魚津港工事で掘り下げられた砂浜で発見された。発掘現場の一部がそのまま保存されている。
20180422_094509.JPG 20180422_105315.JPG
20180422_103027.JPG 20180422_104325.JPG

屋上からは北アルプスの山々が眺められる。この日は霞がひどく、強めに画質を調整。
20180422_102419a.JPG

20180422_111431.JPG海岸では蜃気楼狙いの人が多数。クラスEの蜃気楼が発生とアナウンスがあったが、霞がひどい上、Eレベルでは十分な予備知識が必要とのことで、初めて見る人には良く分からなかった。



再び黒部宇奈月温泉駅まで戻り、金沢駅からは北陸本線に乗り加賀温泉駅で2度目の途中下車。
タクシーで中谷宇吉郎 雪の科学館へ。「雪は天から送られた手紙である」で有名な中谷宇吉郎博士の研究成果などが展示されている。
20180422_143411.JPG 20180422_143722.JPG
20180422_145135.JPG 20180422_144958.JPG

20180422_145506.JPG「雲三昧」など雲の写真集を多く出版されている気象予報士 村井昭夫氏製作の「Murai式人工雪生成装置」。



こじんまりした科学館だが立地場所がいい。併設の喫茶「冬の華」からは柴山潟と白山などの山を眺められる。
20180422_153845.JPG 20180422_154206.JPG

加賀温泉駅に戻り、サンダーバードで新大阪駅、さらに山陽新幹線で帰福。加賀温泉から新大阪までの在来線は、旅の終盤でもあり結構長く感じた。

nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。