So-net無料ブログ作成

桜台 - 想い出(5) [桜台]

この団地が、北を多摩川水系との分水嶺、南西を境川水系との分水嶺に囲まれた、鶴見川の源流域に位置することを認識したのは、1993年にまちだ市民大学「多摩丘陵学・自然論」を受講したのがきっかけです。雑木林など身近な自然に興味を持ち始めた頃のことです。

受講後の5~6年間、地域の市民グループに参加し、自然保全や自然観察会などの活動に参加していました。
活動範囲は源流域から、鶴見川流域、そして多摩・三浦丘陵群へと広がり、会社とはまた違ったネットワークのなかで、とても充実して楽しい時期でもありました。

20120810_081123.jpg部屋を整理していたら、当時のピンバッチが出てきました。

動物にはそれぞれ意味があって、カワセミは源流域の森の形を、バクは鶴見川流域全体を、イルカは多摩・三浦丘陵群の形を表しています。

詳しくは下記HPを参照してみてください。



sakuradai07.jpg団地近くにある小山田緑地に行ったのは、この写真がおそらく最初だと思います。日付には1990年10月とあるので、息子が小学校に入学した年です。開園は同年6月。

多摩丘陵の原風景を残した素敵な公園で、現在も整備・拡張が続いています。
また、鶴見川源流ネットワークの活動のフィールドでもあります。



[参考]
鶴見川源流ネットワーク: http://www.genryu-net.jp/
鶴見川流域ネットワーキング(TRネット): http://www.tr-net.gr.jp/
いるか丘陵(多摩・三浦丘陵群)のホームページ: http://www.iruka-land.net/


いるか丘陵ウォーキングガイド 首都圏のグリーンベルト・多摩三浦丘陵

いるか丘陵ウォーキングガイド 首都圏のグリーンベルト・多摩三浦丘陵

  • 作者: 日吉 悦哉
  • 出版社/メーカー: 流域自然研究会
  • 発売日: 2009/12/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



環境を知るとはどういうことか (PHPサイエンス・ワールド新書)

環境を知るとはどういうことか (PHPサイエンス・ワールド新書)

  • 作者: 養老 孟司 岸 由二
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/09/19
  • メディア: 新書


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0