So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

雲仙・島原・長崎 '19-04-26~28 [旅・散策]

4月26日(金)、放送大学の面接授業で長崎学習センターに向かう道中、諫早で途中下車。レンタカーで雲仙、島原を回る。
雲仙西登山口から登山道路を進むが、標高が上がるにつれ、残念ながら霧で視界は全くきかず、仁田峠への道路は通行止めになっていた。早々に島原に下ったが、島原側は青空が広がっていた。
雲仙普賢岳の火砕流や土石流災害は、平成が始まって間もなくの28年前のこと。雲仙岳災害記念館(がまだすドーム)などを見学。
20190426_131803.JPG 20190426_135538.JPG
 (左)がまだすドーム、この場所はもともと海だったが、土石流などの土砂で埋め立てたそうだ
 (右)中央が雲仙普賢岳、右が山体崩壊による「島原大変肥後迷惑」で知られる眉山

20190426_143628.JPG 20190426_144947.JPG
 (左)旧大野木場小学校被災校舎、(右)水無川

鉄路で長崎に来たのは初めてだけど、終着駅であることを実感。
20190426_182001.JPG

4月27日(土)、早朝散歩で長崎港~長崎地方気象台付近を歩く。
20190427_064244.JPG 20190427_062458a.jpg

27-28日の2日間、面接授業「核物理の初歩と今日の核問題」を受講。講師は放送大学(物理)の松井哲男先生。内容的にも長崎で受講するのが相応しいかと。
20190427_090311.JPG 20190427_090620.JPG

1日目の講義終了後、ロープウェイで稲佐山展望台に登る。風が冷たかったが、360度の展望を楽しむことができた。
20190427_182637a.jpg
20190427_182949a.jpg
20190427_192316.JPG 20190427_193519.JPG

4月28日(日)の早朝散歩は出島付近。
20190428_061418.jpg

2日間の講義が終わり帰途についた。
行きの電車は黒かもめ(787系)、帰りは白かもめ(885系)だった。
20190426_094442.JPG 20190428_181000.JPG

  ◇

3.11のあとに感じた思いはいまも変わらない。
『大地震、大津波による被害の悲惨さには言葉がないが、福島第一原発事故には、この時代の社会基盤の脆さと危うさを感ぜずにはいられない』


nice!(1)  コメント(0) 

4月の空 '19-05-07 [空]

sora201904.JPG4月の福山の空はこんな色でした。

福山の4月の天候は、平均気温13.5℃ (平年差 0.0℃)、降水量69.0mm (平年比74%)、日照時間199.6h (同104%) 。気温は平年並み、降水量が少なく、日照時間は平年並みの月でした。
nice!(0)  コメント(0) 

天体望遠鏡博物館、中央構造線(道の駅三野)ほか '19-04-13~14 [旅・散策]

4月13日(土)、放送大学の天文学ゼミで知り合ったSさんが理事をされている天体望遠鏡博物館(香川県さぬき市)へ。
第1の目的は、開館3周年記念講演会の聴講。講演は佐藤勝彦さん(東京大学名誉教授)と山極壽一さん(京都大学総長)という超著名なお二人。予定時間を超過して大変興味深いお話を伺うことができた。
第2は、うん十年前に使っていた天体望遠鏡(ビクセン6cm屈折)を寄贈するため。
大学時代のサークル(地学研究会)の先輩が、定年後香川に戻って博物館の理事をしているという、思わぬ出会いもあった。
20190413_143357.JPG 20190413_140457.JPG
20190413_150035.jpg
20190413_144608.JPG 20190413_144523.JPG
20190413_151817_2.JPG 20190413_190654a.jpg

4月14日(日)、中央構造線の露出地点があるとのことで、吉野川に沿って上流に向かい、道の駅三野(三好市三野町太刀野)に寄ってみたが、現場は荒れていて、以前はあったらしい説明パネルもなく、破砕帯はよくわからなかった。三好市公式観光サイトの情報はちょっと古いようだ。
20190414_092759.JPG 20190414_092812.JPG
20190414_093850a1.jpg

吉野川は阿波池田駅付近を境として、下流と上流とでは様相が一変する。
源流は愛媛・高知県境の瓶ヶ森にあり、高知県内を東に流れたのち北に流れを変え、V字谷を刻みながら四国山地を縦断して、徳島県の阿波池田付近に至る。

ということで、大歩危峡にもちょっと寄り道。雨が本降りになってきたので、早めに切り上げて帰途についた。
20190414_110153.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

久井岩海、芦田川源流の水芭蕉 '19-04-11 [旅・散策]

久井の岩海(三原市久井町吉田)。花崗閃緑岩が風化し、表面の土砂が水によって洗い流され、岩が地表に現れることで、久井の岩海ができたと考えられている。上段右の写真付近では、岩の底を流れる水音が聞こえる。国天然記念物で、日本地質百選に選定されている。
20190411_110604.JPG 20190411_113155.JPG
20190411_110702.JPG 20190411_110518.JPG

芦田川源流(三原市大和町蔵宗)では水芭蕉が見頃だった。
八田原ダムは、雨の少ない季節のためか、水位は低かった。
20190411_124026.JPG 20190411_124402.JPG
20190411_124717.JPG 20190411_140828.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

3月の空 '19-04-01 [空]

sora201903.JPG3月の福山の空はこんな色でした。
http://www.hiyorimijin.com/

福山の3月の天候は、平均気温9.1℃ (平年差 +1.1℃)、降水量91.0mm (平年比108%)、日照時間173.2h (同103%) 。気温は高く、降水量が多い月でした。日照時間は平年並み。
nice!(0)  コメント(0) 

放送大学学位記授与式 '19-03-23 [日記]

20190323_111240.JPG3月23日(土)、NHKホールで開催された放送大学学位記授与式に出席。想像以上に立派で盛大な式でした。

若い頃の卒業式は、進学や就職への一通過点に過ぎないという思いと、その後の人生の方がずっと長いだろうためか、ほとんど記憶に残っていません。今回も通過点には変わりないけど、年齢のせいか感じ方が違いました。

それにしても、様々な環境や年齢で学び続ける人の多いことには改めて感心、というか感動。今回の卒業生の最高齢は101歳とのこと。放送大学の存在意義はまさにここにあるのでしょう。


3月24日(日)午前中は皇居を一周。千鳥ヶ淵の桜は咲き始め、柳の若葉が鮮やかだった。午後は昔の山仲間と旧交を温め、再会を期して別れ、帰途についた。
20190324_101314.JPG 20190324_104259.JPG

nice!(2)  コメント(0) 

2月の空 '19-03-01 [空]

sora201902.JPG2月の福山の空はこんな色でした。
http://www.hiyorimijin.com/

福山の2月の天候は、平均気温6.4℃ (平年差 +1.6℃)、降水量35.0mm (平年比69%)、日照時間117.2h (同84%) 。気温は高く、日照時間が少ない月でした。



2月の天候(気象庁)
http://www.jma.go.jp/jma/press/1903/01a/tenko1902.html
 
nice!(2)  コメント(0) 

研究成果発表会、途中下車の旅(西伊豆 '19-02-25) [途中下車の旅]

fujimi20190224.JPG2月24日(日)は、気象予報士会研究成果発表会で、「富士山可視日数と天気に関する一考察」と題して発表。これは町田に住んでいた頃の20年間の観察記録。
当時、パソコン通信NIFTY-Serveに「山の展望と地図のフォーラム(FYAMAP) 富士山の広場」というのがあり、富士山を取り巻く私設観測所から毎日富士を眺めて記録しているFYAMAPerがたくさんいて(自分もその一員)、月末に一斉にフォーラムにアップすることをやっていた。そんな懐かしい記憶を思い出しながら、予稿やプレゼン資料を作成した。



2月25日(月)、東京からの帰りは三島駅で途中下車し、伊豆ジオパークのジオサイトをほんの少し覗く。
まず三島アメダス。住宅地の中にある旧測候所の建物は有形文化財に登録されている。
20190225_105918.JPG 20190225_110816.JPG
20190225_110331.JPG 20190225_110301.JPG

柿田川公園。富士山の雪解け水や雨が三島溶岩の中を流れて、溶岩末端の三島付近で湧きだして、柿田川となっている。
20190225_100843.JPG 20190225_101656.JPG
20190225_101848.JPG

葛城山に寄ろうかと思ったが、ロープウェイの値段が高かったのでパス。大瀬崎に向かう。砂嘴の先端付近には淡水の神池があるが不思議。
20190225_132027.JPG 20190225_125139.JPG

西海岸沿いを南下。井田から見た富士山。戸田にも大瀬と似た砂嘴がある。はるか昔に活動を終えた井田火山と達磨火山の斜面が削られ、海流で運ばれた土砂が堆積してできた。
20190225_133046.JPG 20190225_134532.JPG
20190225_134441.JPG

戸田から達磨山へ向かう。初め、戸田峠を通り過ぎて、達磨山高原レストハウスまで行ってしまった。ここからの眺めも良かったが、まだ時間に余裕があったので、峠まで引き返し西伊豆スカイラインを南下。駐車場に車を止めて、15分程山道を歩いて達磨山に登る。頂上からは360度の眺望を楽しめた。
左端が戸田港、右に伊豆が本州に衝突した頃の痕跡(低山の連なり)が見える。
20190225_151549.jpg

ここで時間切れとなり、修善寺を経由して三島駅に戻り、帰途についた。
ジオパークorジオサイト巡りは今年の新しいテーマになりそう。
20190225_095915.JPG 20190225_141458.JPG

伊豆ジオパークのHP https://izugeopark.org/

nice!(1)  コメント(0) 

京都、地球研 '19-01-21 [旅・散策]

気象予報士会関西支部の施設見学会に参加し、京都の総合地球環境学研究所(地球研)を訪問。安成哲三所長の講演聴講と研究所見学。文理融合を謳っていて、いかにも京都らしい(個人の印象)研究所だった。
20190121_141215.JPG 20190121_143315.JPG

その前に、平安神宮~哲学の道~銀閣寺を散策。短い時間だったが、京都の雰囲気を楽しんだ。
20190121_112206.JPG 20190121_120357.JPG
20190121_123035.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

一区切り、途中下車の旅(八ヶ岳 '19-01-14~15) [途中下車の旅]

20190112_120336.JPG初めて放送大学幕張本部に来たのは2年前ですが、頻繁に来るのは今回が最後でしょうか。

1月12日(土)~13日(日)は自然環境科学プログラム(天文・地球)の修士論文口頭試問の日。



  ◇
 
20190114_074838.JPG何とか無事終わって一区切りついたので、1月14日(月祝)は寄り道して遊んで帰ることに。天気は申し分なし。



スーパーあずさの車窓から見た、南アルプス(左:勝沼ぶどう郷駅付近)と甲斐駒ヶ岳(右:日野春~長坂駅付近)。
20190114_091421.JPG 20190114_094642.JPG

小淵沢駅で途中下車し、レンタカーで八ヶ岳方面へ。心配した雪は道路には全くなし。
八ヶ岳権現岳~赤岳(左:東沢大橋)と富士山(右:美し森)。
20190114_111204.JPG 20190114_112800.JPG

南アルプス北岳~甲斐駒ヶ岳(左)と八ヶ岳赤岳~横岳(右:ともに美し森)。
20190114_112827.JPG 20190114_114637.JPG

野辺山宇宙電波観測所と八ヶ岳。
20190114_130718.JPG 20190114_124638.JPG

野辺山アメダス(標高1350m)は緯度・経度からこれだと思いますが、信州大学農場内にあり、家畜の伝染病侵入防止のため立入禁止となっていて、近づけません。
20190114_122701.JPG

1月15日(火)、明るくなった頃には、八ヶ岳は雲間に見隠れ。
20190115_074644.JPG 20190115_065542.JPG

獅子岩(平沢峠)で1時間程過ごすも、雲底が下がってきたので退却、小淵沢駅に向い帰途についた。
20190115_092343.JPG 20190115_092249.JPG

平沢峠(より正確には、少し南に下った平沢集落付近)は、明治時代にナウマン博士がフォッサマグナを発想した場所とのこと。この場所には八ヶ岳を眺めるために何回か来ているが、このような案内板があることに今回初めて気づいた。
20190115_093853.JPG 20190115_093748.JPG


フォッサマグナ 日本列島を分断する巨大地溝の正体 (ブルーバックス)

フォッサマグナ 日本列島を分断する巨大地溝の正体 (ブルーバックス)

  • 作者: 藤岡 換太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/08/22
  • メディア: 新書


nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | -